ホーム>校長室より>いじめ防止基本方針

大田区立大森第三中学校いじめ防止基本方針

 いじめは、いじめを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命、身体に重大な危険を生じさせる恐れがあるものであり、絶対に許されない行為である。

 しかし、いじめはどの学校にも起こりうるものであり、全国的に深刻な状況が続いている。

 本校では、「いじめ防止対策推進法」(平成25年法律第71号。以下「法」という。)第13条の規定、「いじめ防止等のための基本的な方針」(平成25年10月11日 文部科学大臣決定)及び「大田区いじめ防止基本方針」(平成26年9月24日 大田区教育委員会決定)に基づき、いじめ防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するために「大田区立大森第三中学校いじめ防止基本方針」(以下「学校基本方針」という)を策定する。

大森第三中学校いじめ防止基本方針策定の目的

 いじめの問題は、心豊かで安全・安心な社会をいかにつくるかという学校を含めた社会全体に関する国民的な課題であり、いじめ問題への対応は、学校における最重要課題の1つである。

 本校は、いじめのない学校の実現や、生徒の尊厳を保持する目的のもと、大田区教育委員会、家庭、地域社会およびそのほかの関係機関との相互に連携して、いじめの未然防止、早期発見、早期対応、重大事態への対応のためのいじめ防止等の総合的な対策を効果的に推進するための基本的な方針を定める。

いじめの定義

 「いじめ」とは、生徒に対して、当該生徒が在籍する学校に在籍している等、当該生徒と一定の人的関係にある他の生徒が行う心理的または物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって、当該行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているものを言う。

いじめ防止に向けた学校の方針

 いじめは、どの学校でも、どの学級でも起こりうるという認識の下、大田区教育委員会、家庭、地域社会およびそのほかの関係機関と連携・協力し、日常的に未然防止に取り組むと共に、いじめを把握した場合には、速やかに解決する。

 とりわけ、子どもの尊い命が失われることは決してあってはならず、早期発見、早期対応を基本として取り組んでいく。

いじめに関する生徒の理解を深め、いじめを許さない態度を養う

 学校の教職員は、いじめ問題の解決を目指し、道徳の授業等を通じて、生徒がいじめについて深く考え理解するための取り組みを充実すると共に、生徒会等による主体的な取り組みを支援するなどして、生徒がいじめは絶対許されないことを自覚するように促す。

いじめられた生徒を守る

 学校は、いじめられた生徒からの情報やいじめの兆候を確実に受け止め、いじめられた生徒が安心して学校生活等を送ることができるようにするため、いじめられた生徒を組織的に守り通す取り組みを徹底する。

生徒の取り組みを支える

 学校は、周囲の生徒がいじめについて知っていながらも、「言ったら自分がいじめられる」などの不安を抱えていることを直視し、勇気を持って教職員等に伝えた生徒を守り通すとともに、周囲の生徒の発信を促すための生徒による主体的な取り組みを推進する。

学校が一丸となって取り組む

 学校は、いじめ問題に適切に対応できるようにするため、個々の教職員のいじめ問題に関する鋭敏な感覚と的確な指導力を高める。また、教職員個人による対応に頼るだけでなく、教職員間における情報の共有化や共通認識による指導を徹底するなど、学校全体による組織的な対応を行う。

社会総がかりの取り組みを推進する

 学校は、いじめが複雑化・多様化する中、いじめ問題を迅速かつ的確に解決できるようにするため、大田区教育委員会、保護者や地域住民及びその他の関係機関との連携を強化し、社会総がかりでいじめ問題の解決に向けて取り組むことを推進する。
 保護者は、その保護する生徒がいじめを行うことがないよう、当該生徒に対して規範意識を養うための指導などに努めるとともに、当該生徒をいじめから保護する必要がある。
 また、保護者や地域住民は、いじめの情報を得た場合には、学校に速やかに連絡、相談するなど学校によるいじめ防止等の取り組みに協力するよう努める。

学校における取り組み

学校基本方針の策定

 本校は、法13条の規定及び「大田区いじめ防止基本方針」に基づき、本校のいじめ防止等の取り組みに関する基本的な方向や内容等について「学校基本方針」を定める。

組織等の設置

(1)いじめ防止等に関する措置を実効的に行うため、校長、副校長、生活指導主任、教務主任、進路指導主任、各学年主任、養護教諭及びスクールカウンセラー等で構成する「いじめ防止対策委員会」を設置する。

(2)重大事態が発生した場合には、その事態に対処し、及びその当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するため、大田区教育委員会と連携し、速やかに、学校の下に組織を設け、当該重大事態に関わる事実関係を明確にするための調査を行う。

学校における具体的な取り組み

 学校は、保護者、地域及び関係機関と連携して「未然防止」「早期発見」「早期対応」「重大事態への対処」の4つの段階に応じて、いじめの防止等に向けた効果的な取り組みを行う。

(1)未然防止
  • 学校全体に「いじめる行為は絶対に許されない」という意識を高める
  • 各教科等の授業における規律正しい態度や、道徳教育及び人権教育の充実、読書活動・体験活動などの推進等により、いじめを行わない態度を養う
  • 生徒がいじめ防止について主体的に考え、生徒が「いじめ撲滅宣言」を行う等いじめ防止を訴えるような取り組みを推進する
  • 校内研修等OTJの充実やOff-JT等を通じて教職員の資質を向上する
  • インターネットによるいじめ防止のための啓発活動を行う
  • 家庭訪問や教育相談、学校通信などを通じた家庭との連携協力を強化する
(2)早期発見
  • いじめを発見した場合、特定の教職員で抱え込まず、速やかに組織として対応する
  • いじめられた生徒やいじめを知らせてきた児童・生徒の安全を確保する
  • いじめられた生徒が落ち着いて教育を受けられる環境を確保する
  • 教育的配慮の下、毅然とした態度でいじめた生徒を指導する
  • いじめを見ていた生徒に対して、自分の問題として捉えさせる取り組みやいじめを撲滅する取り組みを行う
  • いじめを解決するための保護者への支援・助言を行う
  • 学校便りや保護者会等の開催など、保護者との情報を共有する機会を設ける
  • 関係機関や専門家等と相談・連携して対応する
  • いじめが犯罪行為として取り扱われるべきと認められる事案については、警察と連携して対応する
(4)重大事態への対処
  • いじめられた生徒の安全を確保する
  • いじめられた生徒が落ち着いて教育を受けられる環境を確保する
  • いじめに関する情報を保護者等に伝えるとともに、解決に向けて連携して取り組む
  • 必要に応じ、生徒や保護者等への心のケアを行う
  • 関係機関や専門家等との相談・連携による対処を行う
  • いじめが犯罪行為として取り扱われるべきと認められる事案については、警察と連携して対応する
  • 重大事態に関わる事実関係を明確にするための調査の実施および教育委員会が行う調査に協力する
  • 重大事態発生について教育委員会や区長に報告する
  • 報告された重大事態の調査結果についての区長の調査(再調査)に協力する


〒143-0024
東京都大田区中央四丁目12番8号
電話 03-3773-3995
FAX 03-3773-3996