ホーム>お知らせ>保健室より

保健室より

保健だより

保健室からのお願い

@基本的な生活習慣を定着させてください

睡眠

朝から「頭痛」「だるい」「気分が悪い」と訴え、保健室を訪れる生徒がいます。
原因として睡眠不足や就寝時間の遅い夜型生活が考えられます。
睡眠の効果は、睡眠時間(長さ)、深さ、寝る時刻に左右されます。

栄養

インスタント食品の摂取が増えたせいか、ビタミンやカルシウムが不足しがちです。
栄養のバランスを考えて、3回の食事をきちんととるように心がけることが大切です。
特に体のリズムをつくるために重要な朝食は、必ず食べてから登校させてください。

排便

「お腹が痛い」「イライラする」「気持ちが悪い」など体の不調を訴えてくる生徒の中には、排便習慣のついていない生徒が目立っています。
朝の生活時間にゆとりをもち、できるだけ登校前に排便をすませる習慣をつけてください。

清潔

洗顔、歯磨き、手洗いやハンカチ、ティッシュの保持など小学校6年間でほとんど身についたことと思いますが、中学生でもまだ身についていない生徒も何人かいます。
一人一人の生活習慣が集団の健康に大きく影響することがありますので、ご協力お願いいたします。

A最良の健康状態で入学させてください

中学校では、入学前に健康診断がありません。
小学校の健康診断で発見された疾病、異常についてはきちんと治療を受け、新たな気持ちで新しい出発に備えてください。
思春期にあたるこの時期に疾病異常をそのままにしておくと成長に支障をきたしたり、成人後の健康が保障できないことになります。
健康面で疑問や質問がありましたら、気軽に保健室までお寄せください。

B健康面で心配なことや持病については早めに相談してください

特定の疾病による出席停止期間について

出席停止の期間は、学校感染症の種類に応じて文部科学省で定める基準によりますが、感染様式と疾病の特性を考慮して、それぞれの疾病について人から人へ伝染する程度に病原体が排泄されている期間を基準としております。

以下の疾病に罹患した場合は、出席停止の期間をこえて
登校した折に、養護教諭より「出席停止解除願」を受けとり、保護者による記入・提出
をお願いします。

インフルエンザ

出席停止期間・・・発症した後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで

 ※発症とは、発熱した日のことです
 ※発症日・解熱日は0日と数え、翌日から1日とカウントします

つまり、発症した日から数えると最低6日間は登校禁止で、その後は、解熱日によって出席期間が延長されていきます。

発症日
0日目
発症日
1日目
発症日
2日目
発症日
3日目
発症日
4日目
発症日
5日目
発症から6日目以降
発熱の翌日に
熱が下がった場合
発熱解熱解熱
1日目
解熱
2日目
6日目
登校可
出席停止
発熱の2日後に
熱が下がった場合
発熱解熱解熱
1日目
解熱
2日目
出席停止
発熱の3日後に
熱が下がった場合
発熱解熱解熱
1日目
解熱
2日目
出席停止
発熱の4日後に
熱が下がった場合
発熱解熱解熱
1日目
解熱
2日目
7日目
登校可
出席停止
発熱の5日後に
熱が下がった場合
発熱解熱解熱
1日目
解熱
2日目
8日目
登校
出席停止

鳥インフルエンザ(H5N1)については、指定機関に入院するので、治癒するまでが出席停止期間となります。



そのほかの学校感染症と出席停止期間

それぞれの疾病がよくみられる好発時期別に一覧表にしています。
出席停止期間が「−」のものは、全身状態が良ければ登校可能です。

時期病名主な症状感染経路出席停止期間
春〜風しん
(三日はしか)
発熱・発しん
首のリンパ節の腫れ
飛沫発しんが消えるまで
百日咳激しい咳風邪に似た症状接触・飛沫特有の咳が消失するまで
または5日間の適正な
抗菌性物質製剤による
治療が終了するまで
咽頭結膜熱
(プール熱)
発熱・結膜炎・咽頭炎
首のリンパ節の腫れ
主要症状がなくなってから
2日を経過するまで
大腸菌感染症
O-157
症状が無いものから、軽度の下痢
激しい腹痛・頻回の水様便
著しい血便とともに
重篤な合併症を起こし
死に至るものまで様々
経口医師が感染の恐れがないと
判断するまで
手足口病発しん・口の中の発しん・発熱経口・接触
飛沫
伝染性膿痂疹
(とびひ)
紅斑・水疱・びらん・厚いカサブタ接触
傷に直接触れないよう注意
ヘルパンギーナ突然の発熱・喉の腫れ・口の中の水疱飛沫・接触
水いぼ体幹や四肢にできる半球状の突起・いぼ接触
プールは控える
流行性角結膜炎
(はやり目)
さらさらした目やに・涙
まぶしい・まぶたの腫れ
医師が感染の恐れがないと
判断するまで
秋〜マイコプラズマ肺炎発熱・全身倦怠・頭痛
乾いた咳が徐々に強くなり長く続く
飛沫・接触症状が改善するまで
冬〜 感染性胃腸炎発熱・下痢・悪心・嘔吐・腹痛経口・飛沫嘔吐下痢がなくなってから
水痘発熱・水疱性皮疹および粘膜疹飛沫全ての発しんが
カサブタになるまで
伝染性紅斑
(リンゴ病)
頬に赤い発しん
手足に網目状やレース状や環状の発しん
飛沫・接触
麻しん全身の発疹・発熱・咳・鼻水接触・飛沫解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎耳の下の腫れ・痛み・発熱接触・飛沫耳下腺、愕下腺または舌下腺の
腫張が発現した後5日を経過し、
全身状態が良好になるまで
アタマジラミ激しいかゆみ接触
ウィルス性肝炎
(A型肝炎)
発熱・全身倦怠感・黄疸経口肝機能が正常に戻ってから
急性出血性結膜炎
(アポロ病)
突然の強い目の痛み・異物感
充血・まぶしさ・まぶたの腫れ
視力が低下することも
接触症状により
学校医その他の医師において
感染の恐れがないと認めるまで
結核風邪に似た症状と胸痛飛沫
コレラ下痢・嘔吐が急激に発症経口
細菌性赤痢全身倦怠感・悪寒を伴う急激な発熱
水様性下痢・腹痛・血便
腸チフス
パラチフス
発熱がつづく・バラ疹
溶連菌感染症突然の発熱と全身倦怠感飛沫

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、重症急性呼吸器症候群、痘そう、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、南米出血熱、鳥インフルエンザ(H5N1)については、指定機関に入院するので、治癒するまでが出席停止期間となります。

学校で怪我をしたとき〜日本スポーツ振興センター・災害共済〜

 学校の管理下において起きた事故により生徒が負傷し、医療を受けた場合は、日本スポーツ振興センターが医療費などの給付を行っています。
 その給付のための申請は、学校が行いますが、請求に必要な証明書類等については、保護者の方に用意していただくことになります。
 以下のとおり、請求についての主な注意点をお知らせしますので、ご確認ください。

1.共済掛金

一人年額 920円・・・大田区で全額負担

2.給付の対象

学校管理課での次のような場合

  1. 授業中または休憩時間
  2. 特別教育活動中(運動会、遠足など)
  3. 学校の教育計画に基づき課外指導を受けているとき(部活動など)
  4. 登下校中

注意!マル子(大田区医療証)を使わないでください!

3.給付の内容

  1. 医療費
    健康保険の診療報酬額の4割が給付されます。
    同一人の同一負傷または病気に対して10年間を限度に給付されます。
    ただし、次の場合は給付されません。
    1. 災害が生じた日から2年間、医療費の請求を行わない場合
    2. 同一の災害による治療費が5,000円未満の場合
      (保護者負担額が1,500円未満の場合は、大田区災害診療費として請求します)
    3. 第三者の行為による災害で治療費以上の損害賠償を受けた場合
  2. 障害見舞金
    治療終了後に障害が残る場合に程度に応じて給付されます。
  3. 死亡見舞金
    学校管理下の災害で死亡した場合に給付されます。

4.給付するために用意するもの

  1. 医療等の状況
    受診した病院で月ごとに記入をお願いします。
    学校でもらうこともできますが、
    ↓「災害共済給付」より「様式ダウンロード」にてフォーマットがダウンロードできます
  2. 災害報告書
    フォーマットをお渡ししますので詳しく記入してください。
  3. 同意書


〒143-0024
東京都大田区中央四丁目12番8号
電話 03-3773-3995
FAX 03-3773-3996