ホーム>校長室>学校経営計画

平成28年度 大田区立大森第三中学校経営計画

学校の教育目標

社会の一員としてたくましく生きぬく、人間性豊かな生徒の育成をめざし
・人権尊重の精神と態度を育てる。
・豊かな情操と健康な心身を育てる。
・自主性を伸ばし創造性を育てる。
・自ら進んで学ぶ態度を育てる。

目指す学校像

○生徒にとって  学校に行くことが楽しみになる学校
○保護者にとって 「子どもを通わせて本当によかった」と思える学校
○地域にとって  地域の誇りとなる学校

そのための方策として、生徒一人一人の自己肯定感を高める活動の場面をさらに増やし、ボランティア活動を活発にします。
学力の向上を目指す中で、特に基礎・基本の 徹底につながるような学習環境を整え、毎時間の授業改善や補充学習の充実を行っていきます。
地域の方から信頼される学校になるように、生活指導の徹底を図り、規範意識の向上に取り組み、安全で安心して暮らせる学校を目指します。

求める生徒像

○賢い人・正しい目を持った生徒

・正しいことと間違ったことの判断ができ、自分の成すべきことを考えて行動することができる。
・自らの行動を省みることができ、自分を律することができる。

○意志の強い人・聴く耳を持った生徒

・素直さを忘れずに自分の目標を持ち、その達成に向けて粘り強く努力できる。
・自分の成すべきことに責任を持ち、最後までやり抜くことができる。

○優しい人・思いやりの心を持った生徒

・人の心の痛みがわかり、いつも優しく他人に接することができる。
・差別することなく、誰にでも公平な態度で接することができる。
・他人の良さを理解し、集団の中でお互いに協力しあいながら行動することができる。
・「人のために」を大切にできる。社会的に弱い立場の人の手助けができる。
・命と健康を大切にする。
・世界が抱える問題に関心を持つ。

気づき・考え・行動する生徒

・JRCの態度目標
・防災教育と国際理解教育を要として

学校経営目標(重点目標の設定)と方策

おおた教育推進プラン2014の実践を通して

誇りと思える学校作りを目指し、生活指導の充実と部活動の活性化を図る。

・生徒が主体となった生徒会、委員会、そして部活動を活性化し、「やればできる」という自尊感情を持たせ、前向きに意欲的に行動する気持ちを育てる。

落ち着いた学習環境作りに努め、基礎学力を向上させる。

・授業規律を確保できるよう授業力の向上と、生徒の興味関心を引き出す指導の工夫を行う。
また、基礎学力の定着のために家庭と連携して家庭学習習慣の形成を促す。

自己実現を目指した体験的な活動を重視すると共にキャリア教育を推進する

・体験的活動を通して知識や理解を一層深めると共に、総合的に考え、判断していく力を育む。
また、職場訪問、職場体験を通して働くことの意義を理解させ、社会性を育てる。

「文武両道」に道徳を加え「文武徳三道」を目指す

・知、徳、体の3つがバランス良く調和のとれた生徒の育成を目指し、本校の教育活動のあらゆる場面で啓発するとともに浸透させていく。

持続発展可能な社会の担い手を育てる教育。(ESD)

・2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目指した新しい教育の実践。体力向上・国際教育・JRC活動

今年度の目標と方策

学習指導の充実

学力の二極化に対応する授業の工夫 学習課題の提示の徹底
補充学習の充実 アクティブラーニングの取組
家庭学習の啓発 家庭学習課題の積極的な活用
新聞を使った学習の展開

生活指導の充実

いじめの種の発見 いじめ未然防止 生命尊重教育
問題行動の未然防止 規範意識の確立
不登校生徒数増加の抑制 初期対応の充実 学校復帰の支援
学年ではなく学校体制での指導
小中一貫教育を生かした生活指導

教員の資質・指導力の向上

OJTの活性化
外部研修会への参加
服務の厳正(服務事故防止) 体罰防止

学校経営の合い言葉

地域と共に・現状維持は後退なり・一年契約
三中プライド

大田区立大森第三中学校長 山中 正明


〒143-0024
東京都大田区中央四丁目12番8号
電話 03-3773-3995
FAX 03-3773-3996