ホーム>教育課程>本年度の重点目標

指導の重点

1.各教科

@各教科の指導にあたっては、生徒の興味関心を生かし、体験的な学習や問題解決的な学習を充実するとともに 、自主的、自発的な学習が促されるように工夫する。

A確かな学力の充実を図るため、年間を通して第1学年、第2学年、第3学年の数学と英語を少人数編成授業とし、習熟度に応じた授業展開を行う。

B確かな学力定着のため、わかりやすい授業の工夫・展開を図る。

2.道徳

@道徳教育では、教師と生徒および生徒相互の人間関係を深めるとともに、家庭や地域社会との連携を図りながら、ボランティア活動や職場体験学習などの豊かな体験を通して生徒の内面に根ざした道徳性の育成を図る。

A道徳の時間における指導にあたっては、時と場に応じた題材や資料を選定し、実際の生活に生かされる道徳心の向上を図る。

3.特別活動

@生徒間の人間関係を豊かにするために、話し合いや体験的な活動の充実に努めるとともに生徒が企画・運営の主体となる学校づくりに努め自主・自立性を養う。

A社会性の向上、集団としての規範意識の高揚を図るために、生徒の自治活動を推進する。

Bことばの理解向上と情緒の安定のために朝の読書活動を推進する。

C避難訓練や安全教育を計画的に行い、安全の意識を高めていく。

4.総合的な学習の時間

@「生きる力の育成」をめざし、各学年で適切な学習課題を設定する。行事や興味・関心に基づく課題を発見し、調査、体験、発表の一連の活動を通して課題解決の能力の育成を図る。さらにまとめたことをスピーチなどで発表する力を養う。

A地域の教育力を活用したり、地域との関わりを深めるために地域の人材、団体を積極的に活用していく。

5.生活指導

@いじめ、不登校の課題に対応し、心の教育の充実を図り、一人 一人の生徒の人権を尊重しながら、スクールカウンセラーを中心 にした教育相談活動の充実と教職員の指導体制の確立を図る。

A基本的生活習慣の定着を目指し、家庭との連携を深め指導の徹底を図る。

B集団の一員としての資質の向上を目指し、自覚をもたせ規律ある行動ができるようにする。

C問題行動の早期発見、早期解決を図るために、スクールカウンセラー、家庭、地域及び関係諸機関との連携を密にする。

D生活に即した安全指導および避難訓練、防犯教室・訓練の充実を図る。

6.進路指導

@「生き方」の指導を通して、自ら進路選択できる力を培う。一人一人の生徒が自己理解を深めるとともに、自己実現を図れるよう情報収集力、判断力、実践力等を高め、体験を重視した指導を推進する。

A生徒一人一人の実態に応じた進路指導資料の収集及び活用に努める。

B生き方としての進路指導」の充実を図るため、職場訪問および1日職場体験学習を実施する。

C総合的な学習との関連を図りながらより深い進路指導の充実を図る

備考

各教科領域において小学校との連携を一層深める。


〒143-0024
東京都大田区中央四丁目12番8号
電話 03-3773-3995
FAX 03-3773-3996